クイーンズバスルーム 赤ちゃん

被布開始監修、皮膚刺激性試験にて「皮膚刺激指数0.0」の低刺激

クイーンズバスルームの薬用ヘアソープの「売り」のひとつに、
徹底した低刺激性、というのがあります。
ですから、公式申込ページにも「家族で使える」と書かれており、
クイーンズバスルームは赤ちゃんにも使えるほどの、肌に優しいシャンプーです。

 

実際クイーンズバスルームの薬用ヘアソープが
いったいどれくらい低刺激なのか、という理由なんですが、

 

東京医科大学 皮膚科学教室助教授であり、皮膚科医の下方征医師
http://www.tokyo-med.ac.jp/derma/staff/staff_shimokata.html
が監修の元、男女20名の被験者によって行われた、
2種類の皮膚刺激性試験、「クローズドパッチテスト」、「スティンギングテスト」にて、
薬用ヘアソープ(シャンプー)、薬用トリートメント(トリートメント)両方で、
「皮膚刺激指数0.0」の低刺激品と認定されているんです。
皮膚刺激指数0.0」の低刺激品と認定

クローズドパッチテスト
「クローズドパッチテスト」といわれる方法は、
皮膚科でよく行われている皮膚のかぶれ原因物質を調べるためのテスト方法のひとつです。
また、スティンギングは、製品を使用した際に生じるピリピリ・ヒリヒリといった一過性の刺激感のことで、
スティンギングテストは、敏感肌の方を対象に、「かゆみ」や「ヒリヒリ感」を評価する感受性テストをいいます。
皮膚刺激性テストの詳細については以下のページ等を参照してみてください。
パッチテスト - 化粧品用語集 | ライブラリー | 日本化粧品技術者会 SCCJ
https://www.sccj-ifscc.com/library/glossary_detail/1294

 

公式ページにも記載されていますが、
クイーンズバスルーム薬用ヘアソープに使用されている「アミノ酸洗浄成分」「植物性洗浄成分」は、

ベビーシャンプーにも採用される非常に生分解性に優れた洗浄成分で、

肌に低刺激であるとともに、環境にもやさしい洗浄成分です。

 

公式サイトより引用

 

つまり、上記の皮膚刺激性試験の結果をふまえて、
クイーンズバスルームは、
「赤ちゃんでも使えるほど、肌への刺激が少ない」ということが証明されている
ということ。

 

パラベン不使用、無着色で、ほのかに香るフローラルフルーティーハーバルは天然香料。
クイーンズバスルームは、敏感肌でも、安心して使うことが出来るヘアケアシリーズということですね。